• 勝つor負ける ブックメーカープロ野球1
  • 勝つor負ける ブックメーカープロ野球2

試合開始寸前までプロ野球にベットできるブックメーカー

試合開始

ブックメーカーにおいてプロ野球の試合にベットする場合、試合開始の寸前まで頭を悩ませ、それで購入することも可能です。オッズ自体は当日の朝に発表されますが、朝から試合開始までには様々なことが起こります。全試合ナイター開催であれば、昼ぐらいに出場選手登録に関する発表がなされ、昨日まで活躍していた野手が突如出場選手登録を抹消するということがたまにあります。

すると、その選手ありきでオッズを考えていた場合にはその目算が狂うことになり、妥当なオッズだったにもかかわらず、それが大きく変わることになります。そうしたことを考えて直前まで考えることも可能です。

一方、両チームがどれだけ点を取るかという賭け方の場合におすすめしたいのは、天候があまり良くない時にコールドゲームを想定した賭け方をするというものです。試合が成立するのは5回の裏が終了してからですが、試合を成立させたいという思いからあまり打撃戦にはなりにくく、効果的に点だけとってあとは試合を成立させる方向になります。ブックメーカーでこうしたことを想定して賭けていくと面白く、妙味がたくさんあります。もちろん、朝に発表されたオッズを見て決めるのもいいですが、試合開始寸前まで状況を確認することも必要です。

日本やアメリカのプロ野球にも賭けられるブックメーカー

アメリカ

ブックメーカーは、世界中のあらゆるスポーツが賭けの対象とされています。もちろん、運営主体ごとの取り扱いは異なりますが、中には日本のプロ野球を対象としているものがありますし、世界中にファンがいるアメリカの大リーグは対象としているところが多いです。大リーグは、アメリカ国内でも人気のあるスポーツですが、外国でも人気があり、特に日本では日本人選手の活躍が見られることもあって人気です。ブックメーカーも投票が集まらなければ儲けがありませんから、投票が集まる大リーグは対象とすることが多いです。

野球ボール

ブックメーカーの予想は、運営しているところにより切り口が豊富であるため、賭け事としてみても面白いですし、スポーツ観戦の楽しみを倍増させるという効果もあるため、スポーツファンにも人気です。自分が応援するチームの勝利に投票してチームが勝てば喜びも倍増します。また、単に勝ち負けを予想するにとどまらず、ヒット数やホームラン数の予想など、野球のあらゆる数値を賭けの対象としているので、ギャンブルとしての深さもあります。控除率も低く、配当率は90パーセント台後半と、日本の公営ギャンブルと比較すれば理論上、こちらの方が勝てることになります。

ブックメーカー

ブックメーカープロ野球 先発投手の重要性

ブックメーカー

プロ野球におけるブックメーカーでは、その試合の勝ち負け、ハンデありの勝ち負け、そして、両チームの総得点というものが対象となります。

特に総得点の場合、7点以上とることができるか、それともできないかという部分が問われ、基本的には二者択一です。例えば、0対6ならば総得点は7点以下ということになり、7点以上はとれないという判断になります。一方、4対5であれば9点ということになり、7点以上ということです。ここで大事になるのは両チームの先発投手であり、ブックメーカーでは基本となります。

もし、両チームの先発投手がエースだった場合、そう簡単に点数は入らず、ロースコアのまま、試合が流れていく可能性が高いですが、仮に片方のチームがエースを投入したとしても、もう片方がそれを見越して温存するようなことをすれば、ロースコアで進むどころか、先に点を奪われ、奪い返せぬままじわじわ点を取られていき、気がつけば大差だったということもあります。

こうしたことからもわかるように、プロ野球のブックメーカーの予想において、先発投手は非常に重要な要素と言えます。

先発投手が優秀な場合、ブックメーカーのオッズは、偏りがみられるようになります。